婚活の自己PR

自己PRをするときにおざなりな書き方ではダメです。何かしら自己PRをしないことには、やる気が見られず、相手の印象にも残りません。もしも、趣味らしいこともなく、際だった特徴もない性格だった場合、どんなふうに自己PRをすれば男性の心に残る女性になれるのでしょうか。まずは、幸せな結婚がしたいということを伝えることが先決です。よく、「結婚願望を前面に出しすぎると男性は引いてしまうもの」と言う人がいますが、真剣に婚活をしているならば、私はそのことを隠さずにストレートにアピールしたほうがいいと思います。なぜなら、同じように結婚願望のある男性に注目されやすくなるからです。「結婚したい」と言っていない人を大勢のなかから見つけるのは難しいことですが、手をあげている人を探すのは簡単なことでしょう?実際に、私のところでも「今までやってきたことと言えば仕事くらいだし

:・」と話す女性には、自己 PRの欄には 「これまでは仕事を頑張ってくる毎日だったので、 1日でも早く結婚がしたいです」 と書くようにすすめました。その結果、彼女の一途さと生真面目な性格、それにストレートに気持ちを伝える素直さが伝わり、すぐにお見合いで結婚が決まりました。どんな人にも長所はあると私は信じています。ですから、自己PR欄に書くことがない人はいないはずなのです。「会社に遅刻をしたことがない」「部屋がキレイ」なら「掃除や整理整頓が得「動物や子どもが大好きです」、そもそも、「人との約束は必ず守ります」、「子どもの頃から犬を飼っている」
というように、 一見、なんということはない特徴でも、結婚相手として考えたときに魅力的に見えるアピールポイントになるように見せ方を工夫すればいいのです。
おすすめサイト:川崎の婚活 街コン パーティー Happy Life